インターネットによるオフィス用品販売を拡大

e-コマースサイト「E-QIX」始動
2011年度に1,000億円の売り上げを目指す

2008年1月10日

富士ゼロックス株式会社
富士ゼロックスインターフィールド株式会社

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本忠人、資本金:200億円)の関連会社「富士ゼロックスインターフィールド株式会社」(本社:東京都品川区、取締役社長:石束正明)は、法人向けオフィス用品の販売規模を拡大するため、会員制販売サイト「E-QIX(イー・クイックス)」を開発いたしました。2008年1月15日より、同サイトによる受注を開始し、2011年度に売り上げ1,000億円を目指します。

「E-QIX」では富士ゼロックス社製オフィスプリンター用のトナーカートリッジをもれなく取り揃えるほか、コクヨとプラスの二大文具ブランドの商品を、1冊のカタログに取り揃えるなど、従来のe-コマースサイトでは実現できなかったお客様の利便性を重視したオフィス消耗品の総合販売サイトです。

お客様は主要メーカーのカタログを使い分ける手間なく、約20,000点の商品からワンストップで、すばやく、簡単に商品を発注することができます。インターネットを通じた購買システムにより、小ロットの発注および短納期での納品など、多様化するオフィスサプライ用品の購買に関するお客様の業務効率改善に貢献していきます。

オフィスサプライ市場は、現在約1.3兆円の規模を持つと言われています。富士ゼロックスは、本サイトを直販チャネル、販売会社による販売チャネルに続く、第3のチャネルと位置づけ、新しいビジネスオポチュニティと考え、サプライ事業の拡大を狙います。富士ゼロックスおよび富士ゼロックスの販売会社が既存のお客様への営業展開、および新規開拓を行ないます。

富士ゼロックスおよび富士ゼロックスインターフィールドでは、消耗品販売活動を通じたお客様との新たな接点を活用し、お客様への対応スピードを向上するなど、顧客満足度の向上を目指します。また、お客様のさらなるご要望に対応するため、今後富士ゼロックス製品の品揃え増強やE-QIX機能の改善など、なお一層の充実を図ってまいります。

注記:
富士ゼロックス 推計

E-QIX概要

  1. 取り扱い商品(約20,000点)
    • PC/OA用品:オフィスプリンター用トナーカートリッジ、コピー用紙、記録メディア 等
    • オフィス生活用品:ティッシュペーパー、ペーパーカップ 等
    • 文房具:ファイル、ノート紙製品、事務用品、修正筆記具 等
    • 専門/作業用品:防災用品、清掃用品、作業用品 等
  2. E-QIX名称の由来
    • Electron(電子)+Quick(すばやい)
    • 良い(e・イー)ものを、素早くお届けする先進的(X)なWebサービス
  3. URL(1月15日 午前9時より公開します)
「富士ゼロックスインターフィールド」概要
社名 富士ゼロックスインターフィールド株式会社
本社所在地 東京都品川区東品川2丁目2番20号
設立日 2007年5月18日
代表者 石束 正明
資本金 5,000万円
株主構成 富士ゼロックス株式会社(95%)、ビズネット株式会社(5%)
事業概要 − 事務用機械器具、事務用家具、文房具および複写機、ファクシミリ、プリンターなどに使用される消耗品の販売
− 電子購買システムの管理および運用
− インターネットを用いた企業の購買業務システムの企画およびコンサルティング
− インターネットを用いた企業の購買業務代行

◆ 本件に関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
富士ゼロックスインターフィールド株式会社
事業企画管理部
電話: 03-5495-9531

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

このページのトップへ