富士ゼロックス コーポレートロゴを13年ぶりに一新

グローバルにお客様のビジネスをサポート
事業領域の拡大によりさらなる成長のステージへ

2008年3月18日

富士ゼロックス株式会社 (本社:東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本 忠人、資本金:200億円)は、08年4月1日からコーポレートロゴを一新いたします。ロゴを新たにすることにより、お客様の経営課題を解決するパートナーとして、グローバルにお客様のビジネスをサポートしていくこと、また事業領域を拡大しさらなる成長を目指すことを宣言いたします。

新しいコーポレートロゴは、「お客様中心」の姿勢でより複雑な業務課題や経営課題を、お客様と一緒になって考え解決する約束を伝えるため、より親しみやすく、快活なイメージを表現しています。ロゴには鮮やかな赤を使用し、お客様やパートナー、業界、社会との密接な連携を示し、グローバルをイメージさせる球体のシンボルと一体化しました。また、富士ゼロックスの事業が従来のオフィス領域だけでなく、サービス、パブリッシング事業など、より広いフィールドへ拡がっている変化を表しています。

今回の変更は95年に現在のコーポレートロゴ(THE DOCUMENT COMPANY-FUJI XEROX)を導入して以来、13年ぶりです。国内の富士ゼロックス関連会社、販売会社をはじめ、アジア・パシフィック地域の関連会社を含めた、オール富士ゼロックスで 新コーポレートロゴを導入します。欧米のゼロックスでは本年1月からロゴの変更が実施されており、今回の富士ゼロックス事業圏での導入により、統一したブランドイメージとしてワールドワイドで訴求していきます。

富士ゼロックスは進化し続けています。ドキュメント・マネジメント分野の「プロ」として、最適なサービス・ソリューションをお客様に提供し、コストダウンや生産性向上だけでなく、お客様の新たな価値創造とビジネスの成長に貢献します。そして、米ゼロックス社と連携し、業界をリードする幅広いドキュメント技術とサービスを提供、ワールドワイドで均質なサポートを実現いたします。

注記:
2002年に、“THE DOCUMENT COMPANY”と“FUJIXEROX”の比率を変更し、“FUJI XEROX”の文字部分を拡大しています。

新コーポレートロゴ

導入の背景および運用について

  1. 導入の背景について
    富士ゼロックスの事業は大きく変わりつつあります。従来からの重点市場であるオフィス市場では、コピーやプリントといった機能を提供するだけではなく、ネットワーク機能を備えたデジタル複合機を、データを取り扱う基幹システムにつなげることにより、企業の基盤情報システムとして提案しています。単なる効率化、省力化、コスト削減といったレベルにとどまらない、お客様の経営課題を解決する環境作りに力を入れています。
    また、成長領域であるプロダクションサービス(パブリッシング/デジタル印刷)事業では、短納期で、かつ大量の出力を確実に処理する高速出力機器の提供にとどまらず、バリアブル印刷を利用した新たなマーケティング・コミュニケーションのノウハウやビジネスモデルの提供を行なっています。
    さらに、07年4月から新たな領域であるグローバルサービス事業を本格的に展開しています。お客様の重要なビジネス資産であるドキュメントの出力や管理に焦点をあてたアウトソーシングサービスを行なうもので、経営環境のグローバル化にともない、ワールドワイドでのサポートや対応が求められます。米ゼロックスと協業し、グローバルに事業展開を行なっています。
    このようなビジネスの変化にともない、富士ゼロックスが新たな成長のステージへ入り進化していること、そしてすべての事業活動においてお客様を第一に考えるパートナーであることを強くお客様に印象付け、新鮮なイメージを打ち出すため、今回コーポレートロゴを大きく変更いたしました。
  2. 新コーポレートロゴについて
    新コーポレートロゴは、社名(FUJI XEROX)と「お客様とのパートナーシップ」「社会との連携」「グローバル・カンパニー(グローバル・ブランド)」を表現する球体のシンボルを一体化したもので、社名とシンボルは不可分なものとしました。より柔らかい曲線を使用したデザインを採用し、お客様や社会との距離感の少なさ、親しみやすさを強調しています。“ゼロックス・レッド”と呼ぶ鮮やかな赤は、富士ゼロックスが目指す革新やダイナミズムを象徴し、変化、積極性、活力、飛躍を表現します。米ゼロックス社が約2年にわたり、社員・お客様・パートナーを対象とした世界規模での調査を行ない、開発しました。
  3. 導入および展開のスケジュールについて
    08年4月1日から、公式サイト、名刺、主要なネオンサインなどのコミュニケーション・アイテムについて、優先順位の高いものから順次 新デザインのコーポレートロゴを導入していきます。国内およびアジア・パシフィック地域の富士ゼロックス関連会社、販売会社を含めた、オール富士ゼロックスで展開します。
注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ