大判フォーマットにも利用範囲を拡大し、 業務プロセスごとに発生する文書の一元管理を実現

ドキュメント・ハンドリング・ソフトウエア「DocuWorks 7.0」新発売
発売から累計で240万ライセンス突破

2008年10月27日

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本 忠人、資本金200億円)は、パソコン上で電子文書とスキャンした紙文書を一元管理/活用できるドキュメント・ハンドリング・ソフトウエア「DocuWorks 7.0(ドキュワークス7.0) 日本語版」を、12月1日より発売します。

「DocuWorks 7.0」は、ご利用いただいているお客様の操作性に関する声を反映し、使いやすさの充実を図りました。また、定型で2A0(長尺)、非定型で2,400mm×2,400mmまでの大判フォーマットにも対応し、利用範囲を拡大しています。

DocuWorks 7.0 日本語版のDocuWorks Desk画面

建設業などの設計部門で電子化された図面は、専用フォーマットやTIFF形式で保存され、オフィス文書と別々に管理されているケースが多く見受けられます。営業活動時に発生する「見積書」「契約書」「検査報告書」などのオフィス文書と、施工時の「設計図面」など、各プロセスで作られる文書をDocuWorks文書に電子化することで一元管理ができ、全社的な情報共有も効率的に行なえます。さらに、DocuWorks Desk上で、均一縮小表示が可能になり、大判図面であることがひと目でわかるなど、直感的に操作できるよう視認性を高め、業務効率の向上に貢献します。

「DocuWorks」は、国内累計出荷数が240万ライセンスに到達しました(2008年9月末)。海外においても、25万ライセンスを販売し、日本語・英語・フランス語・中国語・韓国語と多言語に対応することで、World Wideに拡大しています。

「DocuWorks」とは

アプリケーションやフォーマットの異なるドキュメントやスキャナーで読み取ったイメージを、DocuWorks文書フォーマットで一元的に管理できるソフトウエアです。画面上のサムネイル表示に直感的な操作をすることで、机の上で紙文書を広げて閲覧したりクリップで束ねたりする動作を、パソコン上で実現します。

注記:
「DocuWorks」で作成された文書(DocuWorks文書)は、無償で提供している閲覧ソフトウエアをインストールすることで、閲覧および印刷が可能になります。
DocuWorks Viewer Light 7.0(DocuWorks文書閲覧用)
下記の弊社ホームページからダウンロードいただけます。
http://www.fujixerox.co.jp/soft/docuworks/
(閲覧ソフトウエアは、12月上旬の掲載予定です)

ホームページでの掲載

富士ゼロックス公式サイトのDocuWorks掲載ページ:
http://www.fujixerox.co.jp/soft/docuworks/
DocuWorks総合情報サイト「DocuWorks World」のページ:
http://www.fujixerox.co.jp/product/docuworks/

主な特長

  • 大判図面に対応
    定型で2A0(長尺)、非定型で2,400mm×2,400mmまでの大判図面に対応。等倍サイズでのサムネイル表示や印刷が可能となりました。また、サムネイルの表示も縮小/拡大注1できるので大判サイズでも一覧性がアップ。また、DocuWorks Viewerで開いた文書をサムネイルで別表示させて、表示したい部分をサムネイル上に赤枠で指定できるので、スクロールが面倒な大判図面のハンドリングが効率的に行なえます。

    DocuWorks Viewerで大判図面の全体図を表示

  • デジタル複合機との連携を強化
    デジタル複合機「ApeosPort-IIIシリーズ、DocuCentre-III注2 シリーズとの連携を強化。スキャナードライバーがなくても、ネットワーク上に存在するデジタル複合機の親展ボックス内の文書をサムネイル表示注3します。これにより、親展ボックス受信したファクス文書を確認するなど、ビジュアルで直感的なドキュメントの検索や取得が可能です。また、表示された文書はDocuWorks Deskのフォルダーなどに取り出したり、DocuWorks文書への変換を容易に行なうことができます。

    DocuWorks Deskで複合機の親展ボックス内をサムネイル表示

  • アノテーション機能の強化
    紙の文書と同様に、付箋やマーカー、スタンプなどの加工を電子文書上でできるアノテーション機能。従来のアノテーションに加え、図形36種類、スタンプ11種類などを追加。アノテーション同士を組み合わせてグループ化アノテーションとしての登録も可能。押印時の日/時/分/秒をつけられる日時アノテーションを他のアノテーションと組み合わせて登録すれば、簡単にオリジナルの日付印を作ることができます。ドキュメントに日時だけでなく秒単位まで入れられるので、新版管理にも便利です。さらにDocuWorks 7.0ではアノテーションの表現力をさらにアップしました。実線だけだった直線アノテーションの種線も点線、破線、一点鎖線、二重線を追加。オリジナル色を作成することも可能です。
注1
従来は、17%固定。DocuWorks 7.0では10%~34%で1%刻みに変更可。
注2
親展ボックスが必要になります。
注3
オプションにイメージ拡張キット他が必要になります。

標準価格

DocuWorks 7.0新規購入用
商品名価格(税別)
DocuWorks 7.0 日本語版
1ライセンス基本パック
15,200 円
DocuWorks 7.0 日本語版
5ライセンス基本パック
63,000 円
注記:
上記のほか、20、50、100、300、500、1000のライセンス商品があります。
DocuWorks 7.0アップグレード用
商品名価格(税別)
DocuWorks 7.0 日本語版
アップグレード
1ライセンス基本パック
8,600 円
DocuWorks 7.0 日本語版
アップグレード
5ライセンス基本パック
32,000 円
注記:
上記のほか、20、50、100、300、500、1000のライセンス商品があります。
注記:
DocuWorks 5.0 日本語版またはDocuWorks 6.0/6.1/6.2日本語版をお使いのお客様が対象です。
注意
本文中において記載されている商標については下記の通りになります。
  • Microsoft®、Windows®、Windows Vista®、Internet Explorer®、Excel®、PowerPoint® は、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
  • Pentium® は、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の登録商標または商標です。
  • Adobe®、Acrobat® およびReader® は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です 。
  • ExpandFinder® は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。
  • DocuWorksは、富士ゼロックス株式会社の商標です。
  • その他の製品名、会社名は、各社の登録商標または商標です。
本リリースの全文は、下記をダウンロードしてご覧ください。

注記:ご覧いただくためにはこちらのプラグインが必要になります。

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関連する高解像度画像

画像ライブラリー

本件に関するお問い合わせ

メールでのお問い合せ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ 新規ウインドウで開く

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Adobe® Reader®ダウンロードページ 新規ウインドウで開く

このページのトップへ