米ゼロックスと富士ゼロックス、 P&Gの全世界における出力業務を管理

マネージド・プリント・サービスを提供
20-25%のコスト削減を実現

2009年6月15日

ゼロックス・コーポレーション 新規ウインドウで開く(本社:米国、以下「米ゼロックス」)と富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本忠人、資本金: 200億円)は、ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(本社:米国、以下「P&G」)の全世界におけるオフィス出力業務を管理し、TCO(Total Cost of Ownership: 総所有コスト)を20~25%削減する取り組みを支援します。5年間にわたるこのサービス契約では、米ゼロックスと富士ゼロックスがP&Gのオフィスや、モバイル環境における出力環境を統合的に管理します。

P&Gは、80カ国・地域に138,000人以上の従業員を擁し、一般消費者向け製品を製造・販売する、業界トップクラスの企業です。本契約の対象地域には、富士ゼロックスが事業を展開する、日本を始めとしたアジア太平洋地域の13カ国/地域注1を含みます。

今回P&Gが採用したXOSは、米ゼロックスおよび富士ゼロックスが提供し、業界をリードするマネージド・プリント・サービス(MPS)です。プリンター・複写機・ファクスなどのオフィス出力機器に加え、いつ、どのようにドキュメントを出力するかを管理することにより、企業のITおよびオフィスインフラのコスト削減を支援するものです。

また、P&Gの従業員が新しいオフィス出力環境をスムーズに運営できるよう、出力に関連する作業に必要な時間をいかに短縮するかについて助言を行なうなど、現場での教育(チェンジ・マネジメント・プログラム)も提供します。このプログラムは、オフィス出力環境の移行期間中に業務の中断を最小限に抑えるため、新しい環境に慣れるよう、従業員を支援するものです。さらに、出力機器を利用するための各種サポート、例えばプリンタードライバーのインストールや、消耗品の受発注などを容易に行なうことのできるWebポータルを立ち上げます。

P&Gは、グローバルでコスト削減と従業員満足度・信頼性の向上に加え、サステナビリティなオフィス実現に関しても大きなターゲットを掲げており、オフィス出力に関連する消費電力を年間30%、紙の消費量を年間20~30%削減する見込みです。

P&G最高情報責任者(CIO)兼グローバル・ビジネス・サービス プレジデント フィリッポ・パッセリーニ氏 コメント

「当社の出力環境をグローバルで簡素化することにより、信頼性と効率が高まり、業務の進め方が変わる。この革新的な取り組みは、『デジタル化』に向けた第一歩であり、より環境配慮型の職場を実現することができると考えている。」

グローバル・サービスについて

MPSを含む、米ゼロックスおよび富士ゼロックスの統合的なドキュメント・アウトソーシング・サービスであるグローバル・サービスは、リーンシックスシグマをベースとする手法を活用したもので、企業の従業員がドキュメント関連業務に費やす時間を大幅に短縮し、全社規模の戦略による全体最適のオフィス環境を実現します。

MPSの市場規模について

今回のP&Gとの契約は、グローバル企業へのMPS提供における、米ゼロックスと富士ゼロックスのリーダーシップを示す一例です。ガートナー社のレポート注2によると、2007年におけるMPS市場は37億5,800万ドルに達し、ほとんどの企業が、オフィスで使われる製品やサービスによってコストを削減し、生産性を向上させたりすることを検討している中、2010年末まで二桁成長を続けるものと予想されています。

ガートナー社の「MPS世界市場のマジック・クアドラントレポート」注3や「複合機(MFP)およびプリンターのマジック・クアドラントレポート」注4では、米ゼロックスと富士ゼロックスは「リーダー・クアドラント」に位置づけられています。マジック・クアドラントは、ガートナー社がビジョンや実行能力の高さに応じてベンダー各社を評価し、市場の方向性・成熟度・ベンダー企業を視覚的に評価したものです。

注1
シンガポール、中国(香港・台湾を含む)、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、韓国、タイ、マレーシア、ベトナム、日本
注2
出典:Gartner「企業のコスト削減の努力により大きな成長が見込まれるマネージド・プリント・サービス」 C. Drew他共著、January 20, 2009
注3
出典:Gartner “Magic Quadrants for Managed Print Services Worldwide” by Ken Weilerstein, et al. September 25, 2008.
注4
出典:Gartner "Magic Quadrant for MFPs and Printers" by Don Dixon, et al. December 9, 2008.
本マジック・クアドラントは、ガートナーが発行したリサーチノートの一部であり、評価するにはレポート全体をご覧いただく必要があります。ガートナーのレポートは、リクエストにより富士ゼロックスからご提供することが可能です。
マジック・クアドラントは、2008年9月24日よりガートナーが著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ