横浜市「みなとみらい21」地区に「富士ゼロックス R&D スクエア」竣工

徹底した顧客視点で新しい顧客価値を創造するR&D拠点
4月から順次稼動

2010年3月23日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長: 山本 忠人、資本金:200億円)が神奈川県横浜市の「みなとみらい21」65街区に建設していた研究・開発拠点「富士ゼロックス R&D スクエア」(事業所名:横浜みなとみらい事業所)が完成し、23日竣工いたしました。4月から順次稼動いたします。

「富士ゼロックス R&D スクエア」は、国際都市・横浜という利点を活かして都市のダイナミズム(あつまる、ぶつかる、うまれる)とグローバルなネットワークを形成し「徹底したお客様視点での新しい顧客価値の創造」の実現を目指しております。

そして、

  1. お客様/パートナー/産官学との質の高い「共創」を可能にし
  2. お客様の現場の課題をタイムリーに察知するとともに
  3. お客様に提供する価値を自ら実践し向上させる新たな仕組みを構築いたします。

具体的にはお客様との対話・交流、お客様環境の再現や要求機能の確認、仮説の検証などを行ないます。

とくに3階のオフィス入口前のスペースにお客様とコラボレーションする場所を設けます注1。ここでは、お客様とともに経営課題を探り出して解決のためのアイデアを創出し、効果や市場性などの検証を行ないます。

新拠点開設により、分散していた研究・開発拠点を基本的に横浜みなとみらい事業所と海老名事業所の2箇所に集約する予定で、海老名事業所は生産技術機能を中心にモノ作りの重要拠点と位置づけ継続いたします。

そして、既存の研究開発拠点を集約することにより、領域を超えて各機能の連携を強化し、商品開発のリードタイム向上、研究・開発コストの効率化、お客様と研究・開発部門との接点強化による市場ニーズへの迅速な対応を目指します。

「富士ゼロックス R&D スクエア」は環境面にも配慮しており、複層ガラスや屋根断熱の強化による熱負荷の低減、空調などによる搬送エネルギ-の省エネ化、地域冷暖房利用などによる高効率機器の採用、省エネ機器・点滅制御の採用、自然エネルギ-の有効利用により、CO2排出量を約35%削減(1990年の同規模ビルとの比較)します。環境品質はCASBEE横浜2007年度版に自己評価Sクラス注2として届出済みです。

施設の低層部の屋上部分は段丘状にして敷地面積の22%(3300m2)に花のテラス/光のテラス/風のテラスを配置し、オリーブ/ホウライチク/フジザクラ/ヤマモモ/アラカシ/ケヤキなど多樹種による混植を施して「緑の丘」を創出しました。植物の気化熱冷却により地表面の温度を降下させ、大気への熱伝導を削減しヒ-トアイランド現象の緩和に貢献し地球環境・地域環境保全に取り組みます。

また帷子川を臨む水と緑が一体となった建築デザインが美しい都市景観を醸し出すとともに、横浜駅アクセスや回遊性を高めるペデストリアンデッキによる歩行者ネットワークや1階の市民の方に開放したスペース「富士ゼロックス・アートスペース」注1において当社が収集している版画を展示するなど、街並みの賑わいを創り出します。

注1
お客様とのコラボレーションは5月中旬開始予定、「富士ゼロックス・アートスペース」も5月中旬オープン予定です。
注2
「CASBEE」(建築物総合環境性能評価システム)は、建築物の環境性能で評価し格付けする手法。2001年に国土交通省の主導の下に、(財)建築環境・省エネルギー機構内に設置された委員会において開発が進められているもので、「Sランク(素晴らしい)」から、「Aランク(大変良い)」「B+ランク(良い)」「B-ランク(やや劣る)」「Cランク(劣る)」という5段階の格付けが与えられる。

富士ゼロックス R&D スクエアの概要

用地 神奈川県横浜市「みなとみらい21」65街区
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目1番
事業所名 横浜みなとみらい事業所
敷地面積 約14,600m2
建物 地下1階、地上20階建て
延べ床面積 約135,250m2
従業員 約4,500人(2010年4月予定)
利用目的 研究開発拠点として利用
投資額 約600億円
スケジュール
建物着工日 2008年3月23日
建物竣工日 2010年3月23日
稼動予定 2010年4月から順次稼動

富士ゼロックス R&D スクエア

富士ゼロックス R&D スクエア

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ