新環境技術を搭載し、クラストップの省エネを実現した オフィス向けカラー複合機の最高峰モデル

オフィス全体の「出力環境最適化ソリューション」を加速
カラーデジタル複合機「ApeosPort-IV シリーズ」等 新発売

2010年11月15日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本忠人、資本金:200億円)は、オフィス向けフルカラーデジタル複合機「ApeosPort-IVシリーズ」3機種注1および、「DocuCentre-IVシリーズ」3機種注2の計6機種を、2011年1月17日から発売いたします。

ApeosPort-IV C7780

今回の商品は、2010年4月より施行された「改正省エネ法」や「東京都環境確保条例(都条例)」などによる、お客様のオフィスでのCO2排出量削減ニーズが高まる中、お客様の出力環境を見える化し、利用実態にあわせた出力機器の最適配置や紙の電子化による出力枚数を見直す業務改善提案を行なう「出力環境最適化ソリューション」をさらに加速します。

  1. 最大カラー出力速度70枚/分(A4ヨコ片面)注3・「カラー1パス両面読み取り」機能搭載等によるカラースキャンスピード両面200ページ/分(A4ヨコ)の高い生産性と
  2. カラーオンデマンド機と同等の高画質(出力解像度2400dpi)を備えながら、新開発の環境技術の採用等により、TEC値注4を従来機に比べ約29%低減注5(8.14kWh)し、クラストップ注6の省エネを実現しました。

さらに、これらの高画質・高生産性に加え、本体内蔵トレイ1でのA3ノビサイズ対応などにより、市販の裁断機と組み合わせることで、印刷物と同等のフチなしの仕上りが可能になり、効果的な販促物の内製化を支援するソリューションも提供いたします。

新開発の技術

複合機で初の部分的な通電制御を実現した「スマート節電技術」

節電モードから復帰する際に、「原稿読み取り装置」「操作パネル」「出力装置」「コントローラー」の使用する部分にのみ通電させる「スマート節電技術」を新たに採用しました。スキャンやファクス送信時は、「出力装置」に通電しないため、従来機注7と比較して約7割の節電注8効果があります。また従来機注7では節電解除ボタンを押してから操作可能になるまで約20秒かかっていましたが、節電復帰制御の最適化により、わずか2秒で操作可能に。これにより、利便性を保ちつつ、利用実態にあった電力低減が可能になり、オフィス全体の省エネに大きく貢献します。さらに、節電解除時に使わない装置への余分な通電を行なわないため、不要な起動音の発生を抑えることが可能となり、オフィスの騒音も低減できます。

省エネと高生産性を両立させた新たな原稿読み取り装置

原稿読み取り部分の光源に「パワーLEDランプ」を新採用。従来機注7のキセノンランプと同等の明るさ実現すると同時に約77%の電力を低減します。

また従来、両面カラー原稿の読み取り時は、原稿を3回、装置内部で走行させる必要がありましたが、原稿裏面読み取り部分に「カラー対応密着型イメージセンサー」を採用し、「カラー1パス両面読み取り」を可能としました。これにより、一回の走行で原稿の両面をセンサーに接触させずに読み取れるため、原稿をいためずに高速スキャンすることが可能となりました。さらに、新たに開発した「両面画像高速転送技術」により、読み込んだ画像データを従来の2倍のスピードで処理します。

これらの新技術により、カラー両面200ページ/分(A4 ヨコ)の高速スキャンが実現し、従来機注7の5倍以上のスキャン生産性を発揮します。

注1
ApeosPort-IV C5580(カラー50枚/分:A4ヨコ片面)、ApeosPort-IV C6680(カラー60枚/分:A4ヨコ片面)、ApeosPort-IV C7780(カラー70枚/分:A4ヨコ片面)
注2
DocuCentre-IV C5580(カラー50枚/分:A4ヨコ片面)、DocuCentre-IV C6680(カラー60枚/分:A4ヨコ片面)、DocuCentre-IV C7780(カラー70枚/分:A4ヨコ片面)
注3
ApeosPort-IV C7780、DocuCentre-IV C7780において。
注4
プリンターや複写機などのオフィス機器における「1週間の標準消費電力量」をさします。稼働とスリープが繰り返される5日間+スリープ状態の2日間における消費電力量の測定により算出されます。
注5
ApeosPort-III C7600、DocuCentre-III C7600(TEC値 11.52kWh)との比較。
注6
カラー連続出力速度70枚機クラスの場合。
注7
従来機 ApeosPort-III C7600 / C6500(カラースキャン両面読み取り速度36ページ/分:A4ヨコ片面)との比較による。
注8
スマート節電ONとスマート節電OFFとの比較。
エネルギースターに準拠した評価において、プリントジョブの代わりにスキャンジョブを実施した場合。

標準価格

本体

商品名標準価格(税別)備考
DocuCentre-IV C5580 2,880,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
DocuCentre-IV C6680 3,680,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
DocuCentre-IV C7780 4,200,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
DocuCentre-IV C5580 LUI 3,080,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
DocuCentre-IV C6680 LUI 3,880,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
DocuCentre-IV C7780 LUI 4,400,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C5580 3,380,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C6680 4,180,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C7780 4,700,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C5580 LUI 3,580,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C6680 LUI 4,380,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C7780 LUI 4,900,000円 コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C7780 G4対応モデル 5,050,000円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載
ApeosPort-IV C7780 LUI G4対応モデル 5,250,000円 コピー・プリント・ファクス・スキャン機能搭載

主なオプション

商品名標準価格(税別)
大型カラー操作パネル 200,000円
フィニッシャーC2 470,000円
中とじフィニッシャーC2 520,000円
10ビン出力装置付き中とじフィニッシャーC 640,000円
中とじフィニッシャーD2P 880,000円
大容量給紙トレイ(1段) 180,000円
大容量給紙トレイB1-S 450,000円
Gigabitイーサネットボード 40,000円
USBメモリー保存キット 20,000円
イメージ圧縮キット 75,000円
サーチャブルPDFキット 50,000円
IPファクス(SIP)キット 20,000円

トータルサービス契約

ApeosPort-IV C7780、DocuCentre-IV C7780

[黒モード][カラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~5,000枚
5,001枚以上
8.5円
7.0円
6.5円
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45円
40円
35円
[最低プリント料金] 15,500円

ApeosPort-IV C6680、DocuCentre-IV C6680

[黒モード][カラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~5,000枚
5,001枚以上
8.5円
7.0円
6.5円
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45円
40円
35円
[最低プリント料金] 15,500円

ApeosPort-IV C5580、DocuCentre-IV C5580

[黒モード][カラーモード]
1,000枚まで
1,001枚~5,000枚
5,001枚以上
8.5円
7.0円
6.5円
1,000枚まで
1,001枚~3,000枚
3,001枚以上
45円
40円
35円
[最低プリント料金] 8,500円
注記:
商品、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれておりません。別途消費税を申し受けます。
本リリースの全文は、下記をダウンロードしてご覧ください。

注記:ご覧いただくためにはこちらのプラグインが必要になります。

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関連する高解像度画像

画像ライブラリー

本件に関するお問い合わせ

メールでのお問い合せ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ 新規ウインドウで開く

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Adobe® Reader®ダウンロードページ 新規ウインドウで開く

このページのトップへ