オフィス全体の電力を見える化する 「環境負荷監視システム」を新開発

複合機の操作パネルに個人のECO度を表示

2011年1月20日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本忠人、資本金:200億円)は、複合機だけでなく、照明やコンセント電源などの電力をCO2換算し、見える化する「環境負荷監視システム注1」を開発。2011年1月20日より提供を開始いたします。

今回の「環境負荷監視システム」は、従業員の個人別CO2排出量を見える化し、複合機の操作パネルに個人別のECO度を表示します。具体的には、ICカードを利用して複合機認証した際に、複合機の操作パネルに、「ECO診断」(図1参照)を表示。個々人の部門内ECO度ランキングやCO2排出量・利用枚数の推移等、環境関連情報が表示できます。これにより、一人ひとりが複合機を利用する際、自分のプリント出力状況を都度認識でき、複合機が環境意識の啓発に貢献します。

さらに、管理者向けの機能として、複合機やプリンターの利用による電力量と出力枚数からCO2排出量を算出するだけでなく、照明やPCなどの電力情報をシステムに入力することで、CO2排出量もあわせて算出できます。これにより、オフィス全体の電力量の見える化が実現します。

図1 個人別ECO診断画面

図1 個人別ECO診断画面

昨今、「改正省エネ法」や「東京都環境確保条例(都条例)」などにより、オフィス全体でのCO2排出量削減ニーズが高まっており、多くの企業では、省エネ効果の高い機器の導入等の検討が行なわれています。弊社でも、業界トップレベルの省エネ性能を持った複合機によるソリューションをご提供しておりますが、複合機だけでなく、照明やPCなどで利用される電力も視野に入れたオフィス全体の電力の把握とCO2削減対策が必要となっています。富士ゼロックスでは、今後もオフィス全体の電力を見える化するソリューションをさらに推進すると共に、環境性能と利便性を両立したオフィス環境を提案して参ります。

注1
商品名:「SE-BizObjects 環境負荷監視システム 1.0」

環境負荷監視システムの価格

商品名 標準価格(税別)
SE-BzObjects 環境負荷監視システム1.0注2 98,000円
注2
上記は1サーバー当たりの本ソフトウエアの使用許諾料金となります。
設計&構築・設置費用注3 都度見積り
ソフトウエアサポート料金年額注4 30,000円(税別)
注3
当社SEによる設計&構築・設置サービスの提供が必要なソフトウエアとなります。
注4
本商品へのお問い合わせに対応するソフトウエアサポートサービスです。

動作環境

対象機種 ApeosPort-IV以降
必要複合機オプション 外部アクセスキット
ICカードリーダー 本商品の動作には当社複合機対応のICカードリーダーが必要です。
必要ソフトウエア 本商品の動作には、ApeosWare Management Suite のApeosWare Log Management もしくはApeosWare Accounting Service履歴が必要です。

環境負荷監視システムの構成

環境負荷監視システムの構成
注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ