SMB市場に向けたビジネスコミュニケーション支援 サービスを無償で提供開始

パブリッククラウドを活用した「SkyDeskサービス」提供開始

2011年8月23日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、社長:山本 忠人、資本金200億円)は、SMB市場に向けてパブリッククラウドを活用した新サービス「SkyDesk(スカイデスク)サービス」を本日より無償で提供開始します。

SMB市場における企業間の協業プロジェクトや小規模なコミュニティーでは、ビジネスを進める上で、関係する企業や組織、仲間内において、相互にコミュニケーションをとるケースが多く存在しています。そこでは、コミュニケーションしたい情報の内容に合わせて最適な共有の環境が必要です。

「SkyDeskサービス」は、新たなワークグループでより迅速に効率的に活動するためにメール、名刺共有、カレンダー、タスク管理、文書作成、表計算など仕事上でよく利用される基本的な機能をもつアプリケーションを、パブリッククラウドを活用して提供する新しいサービスです。勿論、企業や組織内にとどまらず、複数の企業間でも、外出先でのモバイルワークを実現するためにスマートフォンにも対応し、自由かつタイムリーに相互コミュニケーションできる場づくりからビジネスコミュニケーションを支援します。

これらのアプリケーションはすべてワンストップ、かつ無償提供されることで、起業間もない企業や、今後拡大が見込まれる、またはメンバーの入れ替わりの伴うコミュニティー(例:NPO、NGO、地域自治会、PTA、JVなど)にとっては、コミュニケーション活動のためのアプリケーション選定・導入の煩雑さ、そして初期投資から解放されることで、より迅速なビジネスの立ち上げ、組織形成が可能となります。

さらに、このように単一企業・組織内や複数企業・組織間でのコラボレーションを活性化するだけでなく、お客様や商談情報の一元管理、お客様サポート、お客様情報や営業情報の分析など、一連の営業活動を網羅したお客様管理システムが利用可能となっており、マーケティング活動を支援します。SOHOや小規模事業者のビジネス拡大に求められる、営業力の強化と業務の効率化を同時に実現します。

「SkyDeskサービス」は、ドキュメントを通じたソリューション&サービスの提供からビジネスコミュニケーションにおける豊富な経験・ノウハウを蓄積してきた当社の開発に加え、米国Zoho Corporationとの提携により提供していきます。また、お客様自身に直接インターネット経由でサービスに登録いただくことで、利用したいときに簡単に開始できるサービス提供形態となっています。

当社では「SkyDeskサービス」の導入により、SMB市場のコミュニケーションニーズに合致したサービス提供を本格的に展開します。まずは日本市場に導入し、今後アジア・パシフィック地域でも展開します。

サービス概要

コラボレーション領域

距離や組織の壁を越えた共同作業を可能にするアプリケーションを提供します。
メール、文書作成、カレンダーなど仕事上でよく利用される基本的な機能を網羅しています。情報共有機能もさまざま用意しており、共有したい情報の内容に合わせて最適な機能が選択可能です。

  • Mail(E-Mail統合管理)
    専用のメールアドレスを取得するだけでなく、現在お使いのウェブメールも「SkyDeskサービス」上で統合管理することができます。また、スマートフォンや外出先のパソコンからもアクセス可能です。
  • Contacts(連絡先管理)
    自分で管理している連絡先を組織内のメンバーで共有したり、顧客データとして他のアプリケーションで活用できます。
  • Chat(オンラインチャット)
    ちょっとした確認や連絡を、オンラインで即座に実施可能です。
  • Calendar(スケジュール管理)
    各自のカレンダーを作成、メンバーで共有することで、重複する予定を確認したり、調整することができます。
  • Tasks(簡易プロジェクト管理)
    個々のTo Doリストの管理をはじめ、期限を設定して、各タスクをメンバーに割り当てたり、その進捗状況も管理できます。
  • Docs(オンライン文書共有管理)
    さまざまな文書やファイルを複数のメンバーで共有することができます。関係者だけの共有ワークスペースを作成し、共同で編集作業を行うことも可能です。
  • Writer(オンライン文書作成)
    オンラインでの文書作成、編集、共有が可能です。編集中の文書をチャットやコメント機能を利用して共同編集が容易に実現します。
  • Sheet(オンライン表計算シート)
    オンラインでの集計やグラフ作成が可能です。編集中のシートをチャットやコメント機能を利用して共同編集が容易に実現します。
  • Show(オンラインプレゼンテーション)
    オンラインでプレゼンテーション資料の作成、編集、共有、Web公開が可能です。作成した資料を使って遠隔地のお客様に対してプレゼンテーションを行うことも可能です。
  • Notes(オンラインメモ帳)
    メモをオンラインでカテゴリー別に管理できます。グループ内でのメモの共有も可能です。
  • Links(オンラインリンク管理)
    ウェブサイトへのリンクをオンラインで管理できます。グループで共有することも可能です。

セールス領域

営業、マーケティング支援など、営業活動を一貫してサポートするCRM、名刺データの共有管理が可能なCardsの2つのオンラインアプリケーションサービスを用意。2つのアプリケーションを連携させることで、「お客様管理といっても何から始めればいいのか」といった場合でも、身近な名刺管理から始めて、無理なくお客様管理プロセスを構築することが可能です。

  • CRM(顧客管理)
    マーケティング活動から商談獲得、お客様サポートに至るまで、一連の営業活動を営業支援、マーケティング支援、カストマーサポートの各ステージに分けて管理します。各ステージで発生したお客様とのやりとり、資料、タスクなどは次のステージへ引き継がれていくので、過去の経緯が一元管理できます。また、レポート&ダッシュボード機能で上記の各ステージに関する独自のレポートを作成可能です。
  • Cards(名刺管理)
    名刺データを簡単に登録し、管理・共有することが可能です。名刺をスキャンし、OCRでテキスト化した結果を確認・修正するだけで登録が完了します。また、スマートフォンでの名刺撮影で登録することも可能。さらに名刺データをCRMに取り込むことで、お客様管理プロセスの構築を容易にします。

「SkyDeskサービス」紹介サイト

富士ゼロックス公式YouTubeチャンネル

米国Zoho Corporationについて

SOHOや小規模事業者向けのビジネス用のアプリケーションをパブリッククラウドサービスとして展開するシリコンバレーに本社を置くIT企業です。サービス開始当初からベンチャー企業として米国での数々の受賞歴があります。

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ