文部科学省発行の「教科書デジタルデータ」 運用ガイド・活用マニュアルを作成

弱視の児童・生徒向けの拡大教科書の普及を支援
当社ホームページにて公開

2011年10月27日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、拡大教科書注1を製作するための「教科書デジタルデータ」の運用ガイド・活用マニュアルを作成し、10月27日より当社ホームページにて公開いたしました。

2008年に施行された「教科書バリアフリー法注2」により、教科書発行者は、「教科書デジタルデータ(PDF)」を文部科学省へ提供することが定められました。これにより、ボランティア団体等の多くは、従来行っていたコピーによる作成という作業から解放され、「教科書デジタルデータ」をパソコンで編集・加工してプリント出力することが可能となり、大幅な労力の軽減が図れています。

当社では、文部科学省から2009年に「教科書デジタルデータ提供の在り方に関する調査研究事業」、2010年には「教科書デジタルデータ提供のためのシステム整備等に関する調査研究事業」を受託し、その研究成果の一部として「教科書デジタルデータ」の運用ガイド・活用マニュアルを作成しました。このたび、文部科学省の承諾を得て、これらの成果物を当社ホームページに公開いたします。

運用ガイドは、「教科書デジタルデータ」を利用するにあたっての注意事項、データの申請~返却までの流れ、提供されるCD内のデータ構成等を掲載しています。

また、活用マニュアルには、デジタルデータから文字や図を部分的に抽出する方法や、教科書デジタルデータをそのまま拡大プリント出力する際の手順などが掲載されています。

当社では、1994年より、弱視の児童・生徒をサポートする拡大教科書の製作ボランティアに、カラー複合機・複写機を無償で利用していただくサービスも行っております。今後も、拡大教科書の普及のため、社会貢献と事業の両面から支援を継続していきたいと考えています。

運用ガイド・活用マニュアル掲載ページ

注1
拡大教科書とは、弱視児童や生徒のために、一人ひとりの視力にあうように教科書の文字や絵を大きく写して作成したもの
注2
障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に関する法律
注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ