環境負荷の見える化と環境対策業務の効率化で利便性と環境性能を両立したオフィス環境を実現

「ApeosWare Log Management 1.2」新発売

2011年12月6日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、複合機やプリンターの管理や運用を行う統合ソフトウェア「ApeosWare Management Suite注1」を構成するログ管理ソフトウェア「ApeosWare Log Management」に、環境負荷低減を支援する機能を新たに追加した最新バージョン「ApeosWare Log Management 1.2」を、12月7日から発売いたします。

「ApeosWare Log Management 1.2」は、複合機やプリンターのジョブログを定期的に収集・蓄積し、稼働状況の一元的な管理を行う従来からの機能に加え、ますます高まる環境配慮へのニーズに応えるための機能を提供します。

個人単位での環境負荷に対する意識付けを支援

従業員の個人別CO2排出量を見える化し、複合機の操作パネルに個人別のエコ度を表示します注2。ICカードを利用して複合機の認証をした際に、複合機の操作パネル上に部門内でのCO2排出量削減ランキングや用紙削減率ランキングを表示。さらにはエコへの貢献度を5段階で分かりやすく表示することで、従業員一人ひとりの環境負荷に対する意識付けを支援します。既に提供している「環境負荷監視システム注3」の一部である同機能を、個別のシステム設計や構築の必要がないパッケージソフトウェアとして提供し、より手軽、低コストでの導入が可能です。

環境対策に向けた管理者業務の負担を低減

管理者向けには、部門全体の複合機やプリンターの電力使用量や用紙使用量をWebブラウザー上で月度別にモニタリングしたり、出力枚数の度数分布やCO2排出量の削減状況をグラフ化し、その情報を機器単位やユーザー単位で集計したレポートを簡単な操作で自動生成する機能を提供することで、環境対策の推進を支援します。これにより、管理者の負担を大幅に削減するだけでなく、レポート結果をもとにした出力機器の最適配置や利用抑制などによりコスト削減にも貢献します。

また、節電モードからの復帰に時間がかかるので使いたいときにすぐ使えない、1台1台個別に節電モードへの移行時間設定をするのは手間がかかるなどの理由から、節電モードの利用はなかなか進んでいないのが実態です。そこで、複合機やプリンターの節電モードへの最適な移行時間を自動的に設定する節電管理機能注4を搭載しました。この機能を使えば、ネットワークに接続された個々の複合機やプリンターの利用履歴を定期的に収集・分析し、利用頻度の高い時間帯は節電モードへの移行時間を長く、逆に利用頻度の低い時間帯は節電モードへの移行時間を短くするといった運用が、管理者の手間を掛けずに自動で行うことができます。これにより、利用状況に合わせた利便性と環境性能を両立しました。

注1
「ApeosWare Management Suite」は、複合機やプリンターの設定、管理、監視「ApeosWare Device Management」、ユーザーの認証、利用制限の管理「ApeosWare Authentication Management」、機器のジョブログの取得、集計を管理「ApeosWare Log Management」、出力環境の整備・管理「ApeosWare Print Management」、文書の自動加工・配信処理「ApeosWare Flow Management」の5つのソフトウェアで構成されます。各ソフトウェアは単独での導入も可能です。
注2
新商品のDocuCentre-IV C5575 / C4475 / C3375 / C2275 / C2263、DocuCentre-IV 4070 / 3070、DocuCentre-IV 7080 / 6080 / 5080は未対応。
注3
2011年1月20日提供開始。
注4
新商品のApeosPort-IV C5575 / C4475 / C3375 / C2275、DocuCentre-IV C5575 / C4475 / C3375 / C2275 / C2263、ApeosPort-IV 4070 / 3070、DocuCentre-IV 4070 / 3070、ApeosPort-IV 7080 / 6080 / 5080、DocuCentre-IV 7080 / 6080 / 5080は未対応。順次対応予定。

標準価格

ApeosWare Log Management 1.2 Standard Edition

商品名標準価格(税別)
ApeosWare Log Management 1.2
Standard Edition Server License
100,000円
注記:
Standard EditionのServer Licenseは、1サーバーライセンスにつき1台のサーバーにインストールできます

ApeosWare Log Management 1.2 Professional Edition

商品名標準価格(税別)
ApeosWare Management Suite 1.2
Professional DB Basic License注5
800,000円
ApeosWare Management Suite 1.2
Professional DB Additional CPU License注5
700,000円
ApeosWare Log Management 1.2
Professional Edition Server License注6
200,000円
注5
ApeosWare Log Management 1.2 Professional Editionの構成では、サーバーライセンスに加え、データベースとして利用するMicrosoft® SQL Server® 2008 R2 StandardのライセンスであるApeosWare Management Suite 1.2 Professional DB Basic LicenseがPCサーバー1台につき1本必要です。さらに、Microsoft® SQL Server® 2008 R2 Standardをインストールする同一システム内の各PCサーバーのCPU数が1を超える場合、1を超えるCPU数と同じ本数のApeosWare Management Suite 1.2 Professional DB Additional CPU Licenseが必要になります。なお、これらのデータベースライセンスは、ApeosWare Log Management 1.2 Professional Editionと組み合せて利用する場合に限定して販売いたします。単独での販売はいたしません。
注6
Professional EditionのServer Licenseは、1サーバーライセンスにつき1台のサーバーにインストールできますが、同一事業所内の同一システム上で分散構成あるいは冗長化構成を取る場合に限り、1サーバーライセンスにつき最大2台のサーバーにインストールできます。

ApeosWare Management Suite 1.2 デバイスライセンス

商品名標準価格(税別)
ApeosWare Management Suite 1.2 1 Device License 20,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 3 Device License 59,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 5 Device License 97,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 10 Device License 186,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 30 Device License 462,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 50 Device License 600,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 100 Device License 1,000,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 300 Device License 2,400,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 500 Device License 3,000,000円
ApeosWare Management Suite 1.2 1000 Device License 5,000,000円
注記:
ApeosWare Management Suite 1.2 Device Licenseは、ApeosWare Log Management 1.2のStandard EditionとProfessional Editionに共通のデバイスライセンスです。ApeosWare Log Management 1.2と組み合わせて利用するデバイス(複合機、プリンター、スキャナー)の実台数と同じ数のデバイスライセンスが必要です。

ApeosWare Management Suite 1.2 インストールメディア

商品名標準価格(税別)
ApeosWare Management Suite 1.2
Standard Edition Media Set
20,000円
ApeosWare Management Suite 1.2
Professional Edition Media Set
20,000円
ApeosWare Management Suite 1.2
Professional DB Media Set
20,000円
注記:
ApeosWare Management Suite 1.2 のライセンスにはインストールメディアは含まれておりません。
本リリースの全文は、下記をダウンロードしてご覧ください。

注記:ご覧いただくためにはこちらのプラグインが必要になります。

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

メールでのお問い合せ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ 新規ウインドウで開く

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Adobe® Reader®ダウンロードページ 新規ウインドウで開く

このページのトップへ