クラウドを活用したドキュメント共有環境と複合機、 ソフトウェアとの連携で新しいワークスタイルを促進

どこでも手軽にドキュメントを共有できる環境を提供
「Working Folder」「DocuWorks 7.3」新発売

2011年12月6日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、インターネットを介して、ドキュメント共有環境を提供する月額課金制のクラウドサービス「Working Folder(ワーキングフォルダー)」および、クラウドサービスに対応したドキュメントハンドリング・ソフトウェアの最新バージョン「DocuWorks 7.3 (ドキュワークス7.3) 日本語版」を12月12日より発売いたします。

クラウドを活用した、オフィスとモバイル環境下でドキュメントの受け渡し・共有を実現する「Working Folder」により、いつでもどこでも情報活用を図ることができます。チーム内や異企業間など、組織的なグループワークにおいて利用されるドキュメントのより円滑な流通と情報活用の場を提供し、迅速な意思決定と業務の効率化に貢献します。

複合機との連携によるドキュメント共有環境を手軽に構築

「Working Folder」は、当社の複合機と直接連携し、複合機の操作パネルで簡単に、クラウド上で共有されたドキュメントを直接複合機から出力したり、新たなドキュメントをスキャンしてクラウド上で即座に共有することが可能です。また、データセンターの運用・管理は当社が担当し、お客様自身でシステムの運用・管理をする必要がなく、サーバー導入の初期費用もかからないので手軽に導入できることでTCO削減に貢献します。

社内外情報コラボレーションの実現とモバイル機器との連携で新しいワークスタイルを促進

「Working Folder」に「共有ドロワー」を設定することで、社内だけでなく社外の登録したメンバー間でドキュメントのアップロード、参照、ダウンロードが可能。複数の企業間での共同プロジェクトを進めるときに課題となるドキュメントの共有を支援し、効率的なコラボレーションを実現します。さらに、iPhone / iPad専用アプリケーションで外出先でも「Working Folder」に格納されたドキュメントをiPhone / iPadからアップロード、参照、ダウンロードすることが可能注1。また、既に提供している「ネットプリント注2」を使えは、ダウンロードしたファイルの外出先でのプリントニーズにも対応。特定の場所にしばられることのないモバイルワークによる情報共有を実現します。

クラウドサービス対応「DocuWorks 7.3」との連携で業務プロセスを変革し効率化を支援

「DocuWorks 7.3」のDocuWorks Deskが「Working Folder」へのアクセス窓口となり、ドラッグ&ドロップの簡単操作によるドキュメントのアップロード、ダウンロードが行えます。また、複合機とも連携させることで、手軽にペーパーレスファクス受信環境を構築することも可能です。オフィスに届いたファクスを複合機でDocuWorks文書に変換して「Working Folder」に自動的に格納。外出先でもiPhone / iPad上でファクスを閲覧し、編集が行えます注1。紙で届いたファクスを人手を介してサーバーにアップロードする手間を省き、また特別なサーバーの構築を必要とせず、ファクス受信業務のプロセス変え、業務効率化と経費削減を支援します。

注1
DocuWorks Viewer Light for iPhone / iPad 2.0が必要
注2
インターネット上のファイル預かりサイト(ネットプリントセンター)に登録した文書や写真を、セブン-イレブン店舗のマルチコピー機でプリントできるサービス

Working Folder 標準価格

商品名標準価格(税別)
Working Folder基本料金(10ユーザー、キャビネット容量10GB込み) 3,500円/月
Working Folder ユーザー追加オプション(ユーザー数10人追加) 2,000円/月
Working Folder容量追加オプション(キャビネット容量10GB追加) 1,500円/月

仕様

項目内容
ユーザー登録数 1キャビネットあたり 10人~100人
容量 1キャビネットあたり 10GB~100GB
ファイルサイズ 1ファイルあたり最大 100 MB
通信経路の暗号化方式 SSL通信
認証 管理者によるユーザー登録
パスワードによるユーザー認証
アクセス権 ドロワー単位のアクセス権の設定が可能
履歴管理 文書の操作履歴の記録と表示が可能(操作履歴は1年間保持)
メール通知 複合機からの文書登録で通知メールの自動送信が可能
文書公開機能 指定した文書を一時的にアクセス可能とするURLを任意のメールアドレスにお知らせすることが可能
バージョン管理 文書を最大5バージョンまで保持可能
文書/フォルダー操作 新規フォルダーの作成、文書/フォルダーの移動、削除(ごみ箱機能により復元可能)、名前の変更
PC(Webブラウザー) ブラウザー操作で文書のアップロード/ダウンロード/操作が可能
PC(DocuWorks Desk) ドラッグ&ドロップでDocuWorks Deskから文書のアップロード/ダウンロード/操作が可能注3注4
モバイル 専用iOSアプリケーションから文書のアップロード/ダウンロード/操作が可能注5注6
複合機 スキャン登録、プリント出力、およびジョブフローを用いた自動登録注7が可能注8
注3
DocuWorks 7.3 日本語版が必要となります。
注4
DocuWorks連携フォルダー for Working Folder 1.0が必要となります。
注5
DocuWorks Folder for iOS 1.0が必要となります。App Storeから無償ダウンロードできます。
注6
ダウンロードしたDocuWorks文書を閲覧するためには、DocuWorks Viewer Light for iPhone / iPad 2.0が必要となります。App Storeから無償ダウンロードできます。
注7
受信ファクスの自動登録が可能となります。
注8
対応しているファイルフォーマットは、DocuWorks文書/バインダー、PDF、TIFFとなります。

DocuWorks 7.3 標準価格

商品名標準価格(税別)
DocuWorks 7.3 日本語版/1ライセンス基本パック 15,200円
DocuWorks 7.3 日本語版/5ライセンス基本パック 63,000円

DocuWorksシリーズのiOS用アプリケーションについて

iPhoneやiPad上で動作しDocuWorksやWorking Folderと連携するアプリケーションを無償でご提供いたします。資料をDocuWorks文書化し、必要な時にモバイル端末に入れて持ち歩き、コメントを書き込んでWorking Folderにアップロードして本社に連絡するなど、軽やかなモバイルワークを支援します。

(1)DocuWorks Folder for iOS 1.0

クラウドサービス「Working Folder」に格納されたファイルをiPhone / iPadからアップロード/ダウンロードすることができます。ダウンロードしたファイルは、DocuWorks Folderの保存フォルダー内に保存・管理が可能です。

(2)DocuWorks Viewer Light for iPhone / iPad 2.0

DocuWorks文書のiPhone / iPad上での閲覧機能に加え、付箋とフリーハンドのマーカーを使って文書編集が可能な編集機能注9を提供します。

注9
編集機能は、体験利用していただくため無償で提供させていただきます。本機能は次期バージョンでは有償とさせていただく予定です。継続して本機能をご利用いただく場合にはご購入いただくことになります。
注記:
iPad、iPhone、iTunes、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
注記:
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
注記:
IOSの商標は、Ciscoの米国およびその他の国のライセンスに基づき使用されています。
注記:
DocuWorksおよびドキュメントハンドリングは、富士ゼロックス株式会社の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

この商品に関する詳細情報

DocuWorks

Working Folder

本リリースの全文は、下記をダウンロードしてご覧ください。

注記:ご覧いただくためにはこちらのプラグインが必要になります。

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

メールでのお問い合せ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ 新規ウインドウで開く

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Adobe® Reader®ダウンロードページ 新規ウインドウで開く

このページのトップへ