日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展

『生み出すエコ』をテーマに環境ソリューションを展示

2011年12月13日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」(12月15日~12月17日)に出展します。

当社では、『生み出すエコ』をテーマに、省エネ・節電活動が、そのまま働く人にとっての価値を「生み出す」ソリューションを提案します。メインス テージでは「生み出すエコ」の考え方やそれを実現するソリューションの概要をご紹介します。また、展示では、具体的に当社が提供する環境ソリューションを 以下の3つの切り口でご紹介いたします。

出展内容

Solution1 Positive Workersコーナー

『働く人の主体性と元気を生み出す』ソリューション

  • 複合機の操作パネルを通じて、個人に一人ひとりの環境負荷や改善のヒントをお知らせする「環境負荷監視システム
  • 当社研究・開発拠点(富士ゼロックス R&D スクエア)で実施した、各職場の担当者が自らの電力データを元に主体的に省エネ施策を検討し、30%近い省エネ効果を実現した省エネ活動事例

Solution2 Active Office コーナー

『仕事がはかどる快適なオフィスを生み出す』ソリューション

  • スリープモードからの立ち上げ時の「体感待ち時間ゼロ」を実現し、利便性、快適性を犠牲にしないエコを初めて実現した新商品フルカラーデジタル複合機「ApeosPort-IV C3375シリーズ
  • ネットワーク上の出力機器の稼働状況をモニターし、自動的に適切なスリープモード移行時間を設定する等、環境負荷を管理・低減するための機能を備えたソフトウェアやコンサルテーションサービス

Solution3 Creative Link

『働く人同士のクリエイティブなつながりを生み出す』ソリューション

  • 企業の壁を超え自由でエコな働き方を実現するパブリッククラウドを活用したクラウドビジネスコミュニケーション支援サービス「SkyDesk
  • ドキュメントをクラウド上で管理し、オフィスや外出先、家庭からも自由にアクセスできるようにすることで、仕事の無駄を省いてエコにも貢献するクラウドサービス「Working Folder

その他キッズコーナーでは、森林・環境教室(間伐材クラフトワーク)を開催しており、森林や環境に関する説明後、間伐材をつかったハガキで年賀状作成などを行います。

関連情報

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ