ベトナムに現地法人 新生産拠点設立

グローバル市場で事業拡大する基盤構築を目指し生産能力を拡大

2012年8月16日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、グローバル市場においてさらに事業を拡大するため、ベトナムに新たな生産拠点を設立いたします。

当社は現在、中国の2拠点(富士ゼロックスシンセン/富士ゼロックス上海)においてデジタルカラー複合機、小型LEDプリンターなど当社商品の約9割を生産しております。
そして、今後さらに市場の伸びが見込まれるアジア・パシフィック、欧米、新興国市場に向けて、生産拠点の一極集中を避けながら生産量を拡大するため、ベトナムに新たな生産拠点を設立いたします。

新会社の社名は「Fuji Xerox Hai Phong Co., Ltd.」(富士ゼロックスハイフォン)で、ベトナム北部ハイフォン市のVSIP注1ハイフォン工業団地に設立、2012年12月に着工、2013年11月に操業開始を予定しています。

投資額は約90億円で、生産能力はデジタルカラー複合機、小型LEDプリンターなど年間約200万台です。

アジア各国の中で生産拠点としてベトナムを選んだ理由は、工業化に向けて堅実な成長を続けており情報機器などの産業が集約しつつあり、中国やタイ、ASEAN各国と広域陸送網で結ばれ、サプライチェーンが組みやすいといった利点があるためです。

またハイフォン市はベトナム第3の都市であると同時に、北部最大の港湾都市でもあり、現在、工業地域化を進める都市開発プロジェクトが進められ、さらなる発展が期待されています。

「Fuji Xerox Hai Phong Co., Ltd.」(富士ゼロックスハイフォン)では、プリント基板やドラムカートリッジ用部品など、デジタル複合機や小型LEDプリンター用の部品も生産し、商品の組立てラインと垂直統合して生産を同期させることで生産効率を高め、同時に、部品調達をアジア全域に広げることでコスト低減を図り、アジア・パシフィック、欧米などの新興国市場に向けて競争力のある商品を生産いたします。

また、分散生産体制を確立するため生産設備や冶具の共通化をさらに加速させ、同一ラインで複数機種を生産可能な「生産のプラットフォーム化」を推し進め、総費用の削減を図っていきます。

注1
Vietnam Singapore Industrial Park

「Fuji Xerox Hai Phong Co., Ltd.」の概要

社名 Fuji Xerox Hai Phong Co., Ltd.
富士ゼロックスハイフォン
社長 鍋田 正明
資本金 36M USD(富士ゼロックスアジアパシフィック100%出資)
設立 2012年8月
所在地 ベトナムハイフォン市 (VSIPハイフォン工業団地内)
着工 2012年12月予定
操業開始 2013年11月予定
従業員数 操業時 約700名予定
業務内容
  • 複写機/複合機/プリンターの製造および輸出販売
  • 複写機/複合機/プリンターに関連する部品の製造および輸出販売
生産能力 複写機/複合機/プリンター、200万台/年
投資(工場・建屋・設備) 約90億円
敷地面積 17.67万m2
工場棟建築面積 4.67万m2 (1階建て)

富士ゼロックスの生産拠点と主な生産品目

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

このページのトップへ