環境配慮型モノクロデジタル複合機「DocuCentre 1058」発売

SMB市場の業務の効率化と省エネに貢献し、ソリューションを促進

2012年1月12日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、SMB(Small and Medium Business)市場の業務の効率化と省エネに貢献する環境配慮型モノクロデジタル複合機「DocuCentre 1058」(毎分18枚:A4ヨコ)を1月13日から発売いたします。

大規模・中規模なオフィスはもちろん、SMB市場においても業務の効率化、環境負荷低減への貢献はオフィス機器における必要不可欠な条件となっています。

カラースキャナーと自動両面出力を標準装備

「DocuCentre 1058」は、モノクロ70枚/分注1のスキャン機能に加えて、55枚/分注2のカラースキャンを標準で装備しています。また、スキャンした紙文書を電子化してパソコンやサーバー、USBメモリーに保存したりEメールに添付して送ることができる注3ので、業務の効率化に貢献します。

さらにすべてのモデルは自動両面出力機能を標準で備えているので、コピー・プリント時に両面で印刷することにより、コピー用紙を削減でき、節電にも貢献します。

省エネにも貢献

「DocuCentre 1058」は「国際エネルギースタープログラム」適合基準のTEC値注4が1.10 kWh注5で、節電ボタンを押すと消費電力5.0W以下のスリープモードに移行し、さらに同モードが一定時間継続すると最も節電効果の高いディープスリープモードに移行します。ディープスリープモードの消費電力は、スリープモード時の約1/5の0.9W以下注6となり、オフィスの省エネにも貢献します。

「DocuCentre 1058」はコピーとスキャン機能を備えたベースモデルに加え、ファクス機能付きモデルや、ファクスおよびプリンター機能付きのモデルを用意していますので、小規模オフィスのお客様のさまざまなニーズに最適のモデルが選択可能です。

注1
A4ヨコ、200dpi。
注2
A4ヨコ、200/300dpi。
注3
Eメール送信には別途メールサーバーなどのEメールを送信する環境が必要。
注4
Typical Electricity Consumption。財団法人省エネルギーセンター「国際エネルギースタープログラム」適合基準。
概念的1週間(稼動とスリープ/オフが繰り返される5日間+スリープ/オフ状態の2日間)の消費電力量。
注5
DocuCentre 1058 CS。DocuCentre 1058 CFSは1.15kWh、DocuCentre 1058 CPFSは1.13kWh。
注6
DocuCentre 1058 CS。DocuCentre 1058 CFS、DocuCentre 1058 CPFSは1.2W。

標準価格

商品名標準価格(税別)
DocuCentre 1058 CS 830,000円
DocuCentre 1058 CFS 990,000円
DocuCentre 1058 CPFS 1,080,000円
本リリースの全文は、下記をダウンロードしてご覧ください。

注記:ご覧いただくためにはこちらのプラグインが必要になります。

注記:
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関連する高解像度画像

画像ライブラリー

本件に関するお問い合わせ

メールでのお問い合せ

富士ゼロックスお客様相談センター

フリーダイヤル0120-27-4100(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

注記
上記フリーダイヤルにお問い合わせいただく場合、お問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。予めご了承ください。

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。
DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ 新規ウインドウで開く

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。
Adobe® Reader®ダウンロードページ 新規ウインドウで開く

このページのトップへ