ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2013年 > 手書き文字を簡単に電子化するアプリでビジネスコミュニケーション・営業活動支援を加速

手書き文字を簡単に電子化するアプリでビジネスコミュニケーション・営業活動支援を加速

「SkyDesk PhotoNote」提供開始

2013年4月16日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本忠人)は、クラウドを活用したビジネスコミュニケーション支援サービス「SkyDeskサービス注1」でアナログ情報を電子化するアプリケーション「SkyDesk PhotoNote(スカイデスク フォトノート)」を4月16日から無料提供いたします。

「SkyDesk PhotoNote」は、ビジネスシーンにいまだ多く存在する印刷物、手書きメモ、ホワイトボード、帳票などのアナログ情報を簡単に電子化してクラウド上で管理することにより、アナログ情報の有効活用や個人に埋もれがちな情報の迅速な共有を支援するサービスです。

営業活動でのお客様との商談メモやホワイトボードに書かれた打ち合わせ内容などの手書き文字も「SkyDesk PhotoNote」で即座に電子化し、「SkyDesk CRM(顧客管理)注2」に入力することで効果的・効率的な営業活動につなげることが可能です。

手書き文字の電子化(OCR)には、4月12日に発表した、視覚情報処理の仕組みをソフトウェア上で実現した当社独自の文字認識技術を採用しています。

画像によるアナログ情報の記録

印刷物、手書きメモ、ホワイトボード、帳票等をスマートフォン注3やデジタルカメラで撮影し、クラウド上にアップロードすることで自動的に画像処理とOCR変換を行い、視認性を高めテキストデータを付与したデジタル情報として格納します。

記録情報の高い検索性

格納した情報には記録した日時、タグ情報に加え、OCR変換で画像内のテキスト情報を自動的に付与することで、探したい情報を簡単に検索することが可能です。

モバイルワーク対応

お客様との商談、打ち合わせで発生する資料、メモ等を外出先でもスマートフォンで簡単にアップロードできます。また、使いやすいユーザーインターフェイスでPC同様の操作を実現しています。

SkyDesk PhotoNote 活用シーン例

「SkyDesk PhotoNote」アプリケーションダウンロードサイト

関連ウェブサイト

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ