ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2013年 > グローバルな商品の輸送状況をクラウド上で可視化するシステムを構築

グローバルな商品の輸送状況をクラウド上で可視化するシステムを構築

2013年5月16日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長:山本忠人)は、当社の貿易業務に関するノウハウ注1と、日本電気株式会社(本社: 東京都港区、社長:遠藤信博氏:以下NEC)の物流統合クラウドサービス「NeoSarf/Logistics」、GXS株式会社(本社: 東京都港区、社長:田中良幸氏:以下GXS)のグローバル対応企業間データ連携クラウドサービス「GXS Managed Services」を組み合わせて、グローバルな商品の輸送状況を可視化するシステムを構築いたしました(図1)。

当社は、2月から日本と中国間の輸送品を対象にこのシステムの運用を開始し、このほど中国と北米・欧州間に拡大いたしました。

図1

富士ゼロックスは、中国や日本国内でデジタル複合機やプリンターなどを生産し、日本・アジアパシフィック各国で販売、北米・欧州などに輸出しています。これまで、海外の販売会社等から多数の緊急な納期お問い合わせに対して、工場や各輸送業者に都度確認し回答していました。また、海外の販売会社においては、万一の輸送遅延に備えて多めの在庫を確保していました。

今回構築したシステムは、1,600社以上の輸送業者との接続実績のある企業間データ連携クラウドサービス「GXS Managed Services」を利用して収集した約40社の輸送業者の輸送ステータスを「NeoSarf/Logistics」のデータベースに登録することで、物流に関わるどの部門(販売会社、需給部門、生産拠点など)の管理番号で検索しても、輸送中商品の現在ステータスを把握可能としました。

これにより当社は、リードタイムが長い国際輸送においても、きめ細やかな管理ができるようになり、納期お問い合わせへの回答の迅速化や、在庫の削減、洋上にある商品へのオーダー引当、さらには生産計画精度の向上など、需給コントロールの強化を実現します。

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWorks文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ