ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2013年 > シンガポールの銀行におけるお客様情報を含むサーバーへの不正アクセスに関する報道について

シンガポールの銀行におけるお客様情報を含むサーバーへの不正アクセスに関する報道について

2013年12月11日

お客様各位

平素は弊社商品をご愛顧くださり、厚く御礼申し上げます。

Standard Chartered Private Bank(シンガポール)のお客様情報が格納されているサーバーに不正アクセスが行われたという報道がありました。

具体的には、富士ゼロックスの海外販売会社、富士ゼロックスシンガポールが運営しているプリントセンターにあるStandard Chartered Private Bankの専用サーバーに、第三者が不正アクセスをしたものです。本サーバーは当該銀行専用のものであるため、その他の富士ゼロックスおよび富士ゼロックスシンガポールのお客様データに影響はございません。

現在、事件の詳細を、富士ゼロックスシンガポール、Standard Chartered Private Bankおよび当局にて調査中であり、今後必要な対応を取る計画です。

当社は、常に高品質のサービスの提供をめざし、お客様データの保護を最優先事項と位置づけ、あらゆる努力を通じて、セキュリティー強化に取り組んでまいります。

以上