ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2014年 > 個人事業主/中小規模事業所ニーズに応える低価格カラー複合機を中国含むアジア太平洋地域で発売

個人事業主/中小規模事業所ニーズに応える低価格カラー複合機を中国含むアジア太平洋地域で発売

DocuCentre SC2020でカラープリントがより身近に

2014年5月28日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、個人事業主(SOHO)および中小規模事業所(SMB)におけるカラー化促進を狙い、実績あるカラープリント技術を搭載しながら低価格を実現したA3カラー複合機DocuCentre SC2020を、中国を含むアジア太平洋地域注1で発売しました。

DocuCentre SC2020は、SOHO/SMB市場向けに特化し開発したA3カラー複合機で、カラープリント/コピー速度は毎分20枚(ppm)注2。市場のニーズに合わせた機能と高解像度カラープリント性能を併せ持ち、成長が見込まれるアジア太平洋地域のA3ローエンドカラー市場に対し商品ラインナップを強化します。

高画質機能をコンパクトなボディに凝縮

DocuCentre SC2020は、SOHO/SMBのオフィスにフィットするコンパクトボディでありながら、1,200 x 2,400 dpiの高解像度プリントを実現し、黒線や文字の輪郭をなめらかに表現します。
高画質を実現するために、新開発の電流狭窄自己走査型発光素子を搭載した、新型のLED(発光ダイオード)プリントヘッドを採用。電流狭窄自己走査型発光素子には、独自の面発光型半導体レーザー(VCSEL:ヴィクセル)技術を応用し、電流の経路を制御・制限することで省エネルギーでありながら発光量を効果的に増やしました。また、小型A4プリンター開発で培った技術を応用することでLEDプリントヘッドを小型化しました。
さらに、デジタル画像位置制御技術(IReCT)により、2,400 dpiの高精度な画像補正が実現しました。

SOHO/SMB向けに便利な機能を厳選

DocuCentre SC2020は、基本的なコピー、プリント、ファクス注3、スキャン機能に加え、SOHO/SMBのユーザーニーズに応える便利な機能を備えています。

モバイルプリントやスキャンに対応

iOSまたはAndroid搭載のモバイル端末からウェブページや写真を直接プリントできます注4。また、DocuCentre SC2020でスキャンしたドキュメントを、無線LAN経由でモバイル端末に取り込むこともできます。

ビジネスの生産性を向上させる高速プリントとスキャン

DocuCentre SC2020のプリント/コピー速度はモノクロ、カラーともに20 ppm。また、モノクロ24ppm/カラー19ppmのスキャン速度注5により、お客様のビジネス生産性の向上に貢献します。さらに、最大110枚注6まで搭載できる自動両面原稿送り装置(DADF)と、1ジョブあたり999枚の連続印刷性能を持ち、大量処理にも対応します。

環境への配慮

DocuCentre SC2020は、各ユーザーのプリント設定に基づき、トナー濃度を3段階で調節し、トナー消費を削減する機能注7を搭載しています。また、国際エネルギースタープログラムに適合するための基準値であるTEC値注8は1.2キロワット時(kWh)、稼働時間の大半を占めるスリープモードでは1.4ワットの低消費電力を実現しています。

当社調査では、2012年から2015年のローエンドA3カラー複合機(11-20ppm)市場は、アジア太平洋地域で10%近く、中国市場では10%以上成長すると予測しています。富士ゼロックスは、この成長市場にDocuCentre SC2020を投入することで、カラー化を促進し、SOHO/SMBのお客様のコミュニケーション活性化および業務生産性向上に貢献してまいります。

販売地域

中国を含むアジア太平洋地域

標準価格

オープン価格