ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2014年 > 富士ゼロックス、富士ゼロックス京都 「TEDxKyoto2014~温故知新」に協賛

富士ゼロックス、富士ゼロックス京都 「TEDxKyoto2014~温故知新」に協賛

技術を結集してデジタル複合機で複製した古文書を展示

2014年9月19日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、社長: 山本 忠人)と販売会社・富士ゼロックス京都株式会社(本社:京都市中京区、社長:浜田 英敏)は、9月28日(日)に京都外国語大学 森田記念講堂で開催される「TEDxKyoto 2014~温故知新」に協賛いたします。

「TEDxKyoto」は、TED注1の理念に賛同した各地域の意欲ある主催者によって世界各都市で独自に開催されるイベント「TEDx」注2の一つとして発足しました。京都を舞台に、世の中の変革を促すアイデアを生み出し続けることを目指し、多彩なスピーカーによる卓越したアイデアと熱いメッセージが世界へ発信される予定です。

富士ゼロックスブースでは、今年のテーマ「温故知新」に合わせ、オリジナルな色味を忠実に再現する独自のカラーマネジメント技術と、表面に凹凸があり含水量の異なる和紙に、通常の用紙と同様のトナーを定着させるための特殊な設定をした高画質フルカラー複合機を活用して複製した古文書注3を展示。実際に手に取っていただくことができます。

「TED」の理念や「TEDx」の活動は、企業理念「私たちが目指すもの」に掲げる「知の創造と活用をすすめる環境の構築」「世界の相互信頼と文化の発展への貢献」と合致しており、富士ゼロックスと富士ゼロックス京都は「TEDxKyoto 2014」で繰り広げられるコミュニケーションをサポートいたします。

TEDxKyotoについて

TEDの理念に共鳴した、立命館大学(当時。現在は京都外国語大学)で教鞭をとるJay Klaphake氏と、株式会社「はてな」の創始者である近藤淳也氏によって2011年に創立。京都が持つ大きなエネルギーと情熱を世界へ向けて発信すべく、2012年9月16日に第一回目となるイベントを開催、今年は三回目の開催となります。