ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2015年 > シンガポールに新たな研究拠点 「イノベーションオフィス」を設立

シンガポールに新たな研究拠点 「イノベーションオフィス」を設立

日本・シリコンバレー・シンガポールを繋ぎ、グローバルにバーチャルな価値検証環境を構築、ソリューション・サービスの研究開発を加速

2015年9月29日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、シンガポールに新たな研究拠点「イノベーションオフィス」を設立し、10月1日より本格稼働いたします。アジアパシフィック地域の研究拠点として、横浜みなとみらいの研究開発拠点「富士ゼロックスR&Dスクエア」や米国研究拠点「FXパロアルトラボラトリー(FX Palo Alto Laboratory, Inc.)」と連携し、ソリューション・サービスの事業化を見据えた中長期的な視点で研究を行い、グローバルなお客様のニーズに、スピーディーに対応いたします。

「イノベーションオフィス」は、日本以外のアジアパシフィック地域のお客様やパートナー企業と連携し、研究からの最新技術も含めた当社の技術をお客様の事業課題解決に繋げるための検証を行いながら、最新の価値づくりを行います。この検証結果を受けて、日本の研究開発拠点において、その価値の事業化に向けて、画像処理やテキスト分析などの各専門領域の研究者や技術者を都度割り当てて、お客様に提供するための具体的なソリューション・サービスの開発を行います。

また、これらの3つの研究開発拠点の一部を3Dモデル化した「バーチャルショウケース」を構築し、「FXパロアルトラボラトリー」で行っているマルチメディアやコンピューター・ヒューマン・インタラクション研究領域などの長期的な視点の研究内容や、日本やシンガポールを中心としたアジアパシフィックの地域性を反映したグローカルな研究事例などを、それぞれ3拠点でお客様にご覧いただけます。これらのしくみは、当社のマルチメディア技術注1遠隔コミュニケーション技術注2を組み込んでおり、日本・シリコンバレー・シンガポールという遠隔地にいながら、お客様と当社研究員があたかも同じ空間を共有して、一緒に技術を体感しながら、価値検証を行える環境を構築します。

富士ゼロックスは、「富士ゼロックスR&Dスクエア」を核にして、これまでもシリコンバレーの革新的な風土の下、先進的な研究を行っている「FXパロアルトラボラトリー」と連携し、お客様の経営課題を解決するための研究開発に取り組んできました。今回、これらの拠点に加え、商流・物流、そして先端技術の開発活動において、地理的な意味だけでなくアジアパシフィック地域の核となるシンガポールに「イノベーションオフィス」を設立して研究開発体制を強化することにより、「グローバルな視点でのお客様の課題」、「最先端技術」、「ビジネスモデル」が三位一体となった研究開発を行い、ソリューション・サービスビジネスをさらに加速してまいります。

シンガポール経済開発庁(EDB)注3エレクトロニクス局長 Beng Kong Pee氏のコメント

「富士ゼロックスが新たな研究拠点として、シンガポールを選んだことを、大変喜ばしく思っています。シンガポールの多分野にわたる研究開発環境や多様な人材を活用し、富士ゼロックスがシンガポールに拠点を置く多くのお客様やパートナーと共に、ソリューション・サービスを開発してくれることを期待しています。」

FXパロアルトラボラトリーについて

米国カリフォルニア州パロアルトにある富士ゼロックスの研究拠点で、富士ゼロックスが強みとするドキュメントサービス&コミュニケーション領域で、長期的な視点での研究を行っています。研究の専門領域は、主にマルチメディア技術や情報関連技術の研究です。1995年に設立。
http://www.fxpal.com/