ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2015年 > 5色目のトナーで色をより正確に再現する、カラー・オンデマンド・パブリッシング・システム「Xerox iGen 5 150 Press」発売

5色目のトナーで色をより正確に再現する、カラー・オンデマンド・パブリッシング・システム「Xerox iGen 5 150 Press」発売

高生産性を誇るiGenシリーズの最新モデル

2015年10月15日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長: 栗原 博)は、印刷会社やサービスビューロー、データセンターなどのプリントサービス提供企業向けに、色の再現性を高めたカラー・オンデマンド・パブリッシング・システム「Xerox iGen 5 150 Press(ゼロックス アイジェンファイブ ヒャクゴジュウ プレス)」を、2016年2月1日より発売いたします。

Xerox iGen 5 150 Press

iGenシリーズは、当社カラープロダクション分野におけるゼログラフィー方式プリンターの最上位機種として、その生産性と品質で、主に印刷業のお客様の事業成長に貢献してまいりました。このたび発売する「Xerox iGen 5 150 Press」は、信頼と実績のあるiGenシリーズのプリント機能を継承し、印刷速度はカラー/モノクロ共に毎分137ページ(A4)注1の高い生産性を実現します。さらに最大対応用紙注2に3面付けすることで、毎分150ページ(A4換算)の高速プリントが可能です。

また、今回新たにオプションとして5色目のトナーを提供します。標準のシアン・マゼンタ・イエロー・ブラック(CMYK)トナーに5色目のトナーを加えることにより、印刷速度を落とすことなく、Pantoneカラー注3の約9割を再現することができ、高生産性を保ちながらより正しい色の再現性を求める印刷業のお客様のニーズに応えます。5色目のオプショントナーとして提供するのは、オレンジ・グリーン・ブルーの3色。この中から1色選び、CMYKトナーを補足することで、印刷物の色域を拡大し、コーポレートカラーやブランドカラーといったこれまでデジタル印刷では再現の難しかった色表現を実現します。オプショントナーはお客様ご自身が容易に交換できるため、小部数ジョブの際、オフセット印刷に切り替えることなく、正確に色を再現しながらオンデマンドで印刷していただけます。

さらに、従来機注4から採用されているカラー品質の自動調整機能「オート・デンシティ・コントロールシステム」などのiGenシリーズならではの高度な自動化機能は、Xerox iGen 5 150 Pressにおいても効力を発揮します。オペレーターの介入を低減し、自動かつ継続的に印刷物のカラー品質を維持することで、印刷稼働率を最大限に高めます。

iGenシリーズで培われてきた革新的な技術をもとに、Xerox iGen 5 150 Pressはオンデマンド印刷によるデジタルプリント化を牽引し、変化し続ける印刷業界に対し、デジタル印刷の新たな機会を切り拓くことに貢献します。

標準価格

商品名標準価格(税別)
iGen 5 150 Press 81,940,000円
FreeFlow Print Server for iGen 5 150 Press 11,560,000円

※価格に消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。