ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2015年 > クラウドサービス「Working Folder Plus」でより安全な文書の共有・配信環境を実現

クラウドサービス「Working Folder Plus」でより安全な文書の共有・配信環境を実現

「Working Folder」に文書暗号化(IRM)機能を搭載

2015年11月25日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder(ワーキングフォルダー)」に、新たに文書暗号化(IRM注1)機能を搭載、さらに利便性を高める機能を強化した、「Working Folder Plus(ワーキングフォルダープラス)」を、本日より提供開始いたします。

文書暗号化(IRM)機能に対応

従来の「Working Folder」はアクセス権の設定、IPアドレスによるアクセス制限、文書をダウンロードすることなくモバイル端末で閲覧できる「あんしんドロワー」などの機能により、社内外関係者とのセキュアな文書共有が可能でした。「Working Folder Plus」はさらに文書暗号化(IRM)機能に対応し、機密性の高い文書などをよりセキュアに共有することが可能になりました。

文書ファイルを、「DocuWorks Desk注2」上の「Working Folder Plus」の暗号追跡ドロワーにドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作で文書を暗号化注3し、共有・配信することができます。暗号追跡ドロワーに登録した文書は指定したユーザーごとに「閲覧」「転記」「印刷」の操作制限が可能で、ダウンロードされた暗号化文書を、いつ誰が「閲覧」「印刷」したかなどを、管理画面で追跡・確認することができます。

操作制限の設定は暗号追跡ドロワーへの文書登録時だけでなく、ダウンロードされた暗号化文書に対しても後から変更が可能で、ダウンロード後に閲覧禁止の設定を行うことで、情報漏えいを防ぐことも可能です。

また、ダウンロードされた暗号化文書はオフライン環境でも安全に参照することができ注4、ネットワークに接続できない環境での利用にも対応しています。

利便性を高める機能を強化

作成可能なドロワー数を従来の10注5から最大500にまで増やし、「DocuWorks Desk」からアップロードできるファイルサイズの上限を500MBから1GBへ拡大しました。また、Working FolderのIDを持たないユーザー向けに、メールで通知したURLから特定の文書にアクセスできる期間を1週間から最大30日間へ拡張するなど、ドキュメント共有における利便性を高めました。

標準価格

基本サービス

商品名標準価格(税別)内容
Working Folder Plus基本サービス 11,500円/月 ユーザー数10ユーザー、容量10GB含む

オプションサービス

商品名ユーザー数標準価格(税別)内容
Working Folder Plus ユーザー追加オプション ~90ユーザー 10,000円/月 価格は10ユーザーあたりの単価オプション追加ごとに利用可能なユーザー数が10人追加されます。
140ユーザー 102,500円/月 ユーザーが140人追加され、基本サービスと合わせ150人まで利用可能
190ユーザー 115,000円/月 ユーザーが190人追加され、基本サービスと合わせ200人まで利用可能
240ユーザー 127,500円/月 ユーザーが240人追加され、基本サービスと合わせ250人まで利用可能
290ユーザー 140,000円/月 ユーザーが290人追加され、基本サービスと合わせ300人までご利用可能
340ユーザー 152,500円/月 ユーザーが340人追加され、基本サービスと合わせ350人まで利用可能
390ユーザー 165,000円/月 ユーザーが390人追加され、基本サービスと合わせ400人まで利用可能
440ユーザー 177,500円/月 ユーザーが440人追加され、基本サービスと合わせ450人まで利用可能
490ユーザー 190,000円/月 ユーザーが490人追加され、基本サービスと合わせ500人まで利用可能

Working Folder公式サイト http://www.fujixerox.co.jp/solution/workingfolder/