ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2016年 > 中堅・中小規模事業所向けに、紙・電子文書を取り扱う業務の効率化と業務文書の利便性を向上

中堅・中小規模事業所向けに、紙・電子文書を取り扱う業務の効率化と業務文書の利便性を向上

「オフィスあんしん 連携オプション for kintone」発売―DocuWorksとkintoneの連携で業務ソリューションを加速

2016年1月6日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、中堅・中小規模事業所において課題である業務効率化を低コストかつ容易に実現するため、当社のドキュメントハンドリングソフトウェア「DocuWorks(ドキュワークス)」とサイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久氏)のクラウド型Webデータベース「kintone(キントーン) 注1」を連携させるソフトウェア「オフィスあんしん 連携オプション for kintone」を本日より提供します。

中堅・中小規模事業所において、業務の課題を見つけ出し効率化を実現する仕組みやシステムを構築することは容易なことではありません。富士ゼロックスは、国内で450万ライセンスを突破したDocuWorksを活用したさまざまな業務支援ソリューションを展開しています。本ソフトウェアで、DocuWorksによる紙・電子文書のハンドリングとkintoneによるDocuWorks文書と属性情報の管理・共有やデータの集計・分析を組み合わせ、紙・電子文書を取り扱う業務の効率化や業務文書の利便性向上を実現するソリューションが構築できます。富士ゼロックスが取り扱うkintoneで提供するオプションソフトウェアとして、初期投資を抑え、中堅・中小規模事業所のお客様にも導入しやすい月額課金方式で提供します。

富士ゼロックスは今後も「オフィスあんしん 連携オプション for kintone」をはじめとして、当社のノウハウやサポートを活かし、お客様に安心してインフラ構築や業務の効率化に取り組んでいただけるソリューションやサービスのラインアップを強化し、IT 環境の変化に対応するお客様によりよい業務環境を提供します。

サイボウズ株式会社 執行役員 ビジネスマーケティング本部長 林田 保 氏のコメント

サイボウズ株式会社は、「オフィスあんしん 連携オプション for kintone」の提供開始を、心より歓迎いたします。本連携により、クラウド上でDocuWorksの文書共有が容易になるため、お客様のワークスタイル改革を後押しします。

また、2016年2月には、グループウェアなどのコラボレーションツールを⼀括して提供するサイボウズのクラウドサービス基盤「cybozu.com」に登録したDocuWorksファイルが、全文検索の対象となる予定です。

今後もDocuWorksとサイボウズ製品の連携を継続的に開発していくことで、お客様のビジネス拡大に貢献してまいります。

標準価格:月額

商品名標準価格(税別)
オフィスあんしん連携オプション for kintone 10,000円