ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2017年 > Office365やG Suiteがオフライン環境で利用できる、モバイル向けクラウドサービス提供開始

Office365やG Suiteがオフライン環境で利用できる、モバイル向けクラウドサービス提供開始

独自の暗号化技術でメール・スケジュール・ドキュメントをセキュアに扱える「SkyDesk Secure Mobile View」

2017年3月15日

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、クラウド上のグループウェア(Office 365またはG Suite(Google Apps for Work))から情報を取得して暗号化し、専用モバイルアプリへプッシュ配信するクラウドサービス「SkyDesk Secure Mobile View」を本日より提供開始します。

働き方改革への対応が社会課題となっている今日、場所とデバイスを選ばず柔軟に仕事ができる環境が必要とされています。一方で、情報へのアクセスのしやすさと、セキュリティ担保の両立には課題がありました。

本サービスは、クラウド上の情報を独自の技術(モバイル・コンフィデンシャル・ビューイング)で暗号化しモバイル端末へプッシュ配信する仕組みで、メールなどを閲覧するたびにネットワークに接続しログインする、ワンタイムパスワードを入力するといった手間が不要です。メール・スケジュール・ドキュメント(Office文書、PDFファイル)を専用アプリ注1 からオフラインで操作でき、送信する際や新たにコンテンツをダウンロードする時にのみインターネット接続が必要です。情報が自動的に配信され、端末に保存されるので、通信が一時的に遮断される地下や郊外、移動中など、これまで利用できなかったような圏外の場所でも、最長2時間 操作を続けられるようになります。圏外で2時間以上経過すると自動的にファイルが開けなくなり、オフライン環境下でも情報へのアクセスを遮断するほか、端末に送られる暗号化された情報は、指定された端末以外では開封できないため、万一、他の端末へファイルが送信されても内容を見られない仕組みでセキュリティを担保します。

モバイル・コンフィデンシャル・ビューイングは、当社のカストマーエンジニアが保守サービス業務で活用している専用端末にも採用しています。

<モバイルアプリの画面例>
モバイルアプリには決められた期間注2 のデータが配信され、閲覧することができます。

管理者向けツールには、履歴の確認や操作の制限といった機能を備えています。特定ドメインのメール送受信を制限することもできるので、たとえば業務に必要な宛先のドメインのみに送受信を限る設定注3 も可能です。端末利用者の操作履歴は、GPS連動で位置情報とともに記録・閲覧できるため、情報漏えいの可能性がある場合にも、端末ごとに現実に起こりうるリスクまで把握・想定することができます。万一、端末を紛失した際には、管理ツールから端末を停止し、アプリの起動ロックをすることができます。さらに、登録アカウントの削除をすることで、リモートでデータ削除が可能です。このように、セキュリティを保てるだけでなく、これらの紛失事故や実施した対策が正常に完了したかどうかが記録されるので、各種報告に活用できます。

<管理者向けの画面例>

富士ゼロックスは、マイクロソフト Office 365サービスにヘルプデスクによるサポートなどを加えた「オフィスあんしん オンラインオフィススイート(マイクロソフト Office 365)」を提供しており、本サービスとあわせてお客様の柔軟な働き方を支援します。自社でもOffice 365サービスやモバイルPCを活用することで、自らが働き方変革を行い、業務生産性の向上に取り組んでおり、お客様の働き方の課題解決にも、貢献してまいります。

【標準価格】

商品種別標準価格(税別)
初期登録料 50,000円(1テナント注4 あたり)
月額利用料 800円/月 1アカウントあたり
変更手数料 10,000円 アカウント数削減時、サービス解約時