ホーム > 企業情報 > ニュースルーム > ニュース > 2017年 > 富士ゼロックス、デジタルラベル印刷ビジネスに参入

富士ゼロックス、デジタルラベル印刷ビジネスに参入

UVデジタルインクジェット式ラベル印刷機Durst Tau 330発売

2017年4月11日

富士ゼロックス株式会社のアジアパシフィック地域における営業・マーケティング活動を統括する関連会社、富士ゼロックスアジアパシフィック(本社:シンガポール、社長&CEO:関根 勇)は、Durst Industrial Services Pte. Ltd.社(所在地:シンガポール、社長:Rafael Royo、以下、ダースト社)と提携、成長著しいデジタルラベル印刷ビジネスに参入します。同社のUV(紫外線)デジタルインクジェット式ラベル印刷機Durst Tau 330シリーズの独占販売契約をオーストラリア、ニュージーランド、中国(台湾と香港を含む)で締結、またシンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、カンボジアでは非独占販売契約を締結し、商品ラインナップの拡充を図ります。

各種商品の「顔」であるラベルやパッケージは主にオフセット印刷で製作されていますが、消費者の嗜好の多様化に合わせた生産の小ロット化が進んでいることから、1点ずつ異なるデータを盛り込むバリアブル印刷や、印刷の短納期化に対応できるデジタル印刷のニーズが高まっています。特に生産の拠点として発展著しいアジア・パシフィック地域や中国では、デジタルラベル印刷市場が成長注1しています。

富士ゼロックスアジアパシフィックは、UVデジタルインクジェット式ラベル印刷機のDurst Tau 330を提供することにより、「これまで時間を要していた従来方式による印刷作業を、高い利益を生む印刷ビジネスに転換させたい」という、印刷業のお客様の高まりつつある要望に応えます。

Durst Tau 330は、溶剤インクよりも速乾性に優れたデジタルUVインクジェット技術を採用、インクに紫外線を照射し瞬間硬化させる手法で、熱に弱いとされるフィルムやラベルなどさまざまなマテリアルへの高速印刷が可能になります。

また、デュアルプリントヘッド搭載のシングルパスUVインクジェット印刷技術により、毎分37メートル注2の高速フルカラー印刷と、UVデジタルインクジェット式ラベル印刷機では最高となる1,260 dpi注2の高解像度を実現、Tau 330シリーズは高い完成度が求められるデジタルラベル印刷需要に、印刷品質と高い生産性で応えます。

富士ゼロックスは成長するラベル市場において商品ラインアップを強化し、お客様のビジネス拡大に貢献します。

Durst Tau 330シリーズについて

Tau 330 、エントリーモデルのTau 330E、オプションのLaser Finishing System 330で構成されており、主な用途は次の通りです

ダースト社Labels and Packaging Printing部
セグメントマネジャーHelmuth Munter氏コメント

「このたびダースト社と富士ゼロックスアジアパシフィックが提携関係を結んだことは、マーケットリーダーである両社にとって最良の選択と言えるでしょう。富士ゼロックスの持つ幅広い販売網を通してアジアパシフィック地域における市場拡大を目指し、お客様に付加価値を提供して参ります。」

富士ゼロックスアジアパシフィック プロダクションセールス&マーケティング
部長Steve Fordコメント

「ラベルやパッケージ印刷は、個人消費や人口の増加に比例して成長する市場です。現在、この市場でデジタル印刷の浸透度は低いものの、印刷業のお客様は、成長が期待できるデジタルラベル印刷へとビジネスの幅を広げ、事業の多角化をはかろうとしており、信頼性の高い包括的なソリューションを当社に求めています。今回の提携によって、こうしたお客様の事業拡大と成長に貢献できると考えています。」

Durst社について

Durst Industrial Services Pte. Ltd.は、業務用デジタル画像システムのトップメーカーであるイタリア・Durst Phototechnik AG社のシンガポールにおける子会社です。ブリクセン(イタリア)とリエンツ(オーストリア)に製造工場を持ち、米国、フランス、英国、ドイツ、スペイン、メキシコ、ブラジル、シンガポールに主要オフィスを置いています。Durstの優れた品質、精度、イノベーション、信頼性は80年以上にわたって高い評価を受けています。