富士ゼロックスの考える価値あるコミュニケーション

FLASHをご覧になるためには、Adobe® Flash® Playerが必要になります。

富士ゼロックスは1962年、紙の情報を大量に、正確に、美しく複写するという技術でお客様のコミュニケーションに大きな変革をもたらし事業をスタートしました。現在ではこれまで培ってきた「紙の情報を複写する」というビジネスからの進化を図り、お客様がより効果的、効率的に価値創造するためのコミュニケーションを支援する存在として、お客様の経営課題の解決に貢献するソリューション&サービスの提供を進めています。

映像では、富士ゼロックスの技術やサービスを活用しお客様に提供する価値を、3つの仮想のビジネスシーンを通じて表現しています。お客様のビジネスにおいて価値あるコミュニケーションとはどういうことか--ここで描かれているビジネスシーンは、当社が目指すソリューション&サービスの一例であり、「価値あるコミュニケーション」を支援していくことが、お客様の経営課題の解決に貢献していくことと考えています。

このページのトップへ